Blog

情報のもらいかた

セッションするときはいわゆるチャネリングしている状態になるのですが、私は筆記が追いつかず(高次元の情報量って半端ないので)、すぐに口頭でお伝えしていまして、メモ程度しか残していません。が、自分一人でするのなら、マイペースでできる。

※受け手になるクライアントさんも、いままでそんな経験なかったって方でも皆さん自然にチャネリングしていますから、↓こちらの記事に書いてあるとおりにすると、はじめてでもチャレンジしやすいかと思います。「スピリットからメッセージをもらおう 自動筆記のやり方」メタフィジック通信

大事なのは、「できると信じること」(笑)

もともと私は認知症介護のしんどさに悲鳴を上げ、いろいろやった末にエドガー・ケイシー療法にたどり着き(亡くなった父が好きだったってこともあり)、バシャールやアシュタールなど、高次元の存在からのメッセージを紹介している人たちの記事から現状打破のヒントをもらっていたのですが、自分でできるとはほとんど思っていませんでした。「できたらいいな~」くらい。

ひと昔のチャネリングだと、たしかに選ばれし者しかできない感じでした。だけど地球の波動が上がったいま、誰でもできる。自分だってできる。

しかーし! 「地球の未来は」とか「日本の今後は」とか聞いても私にはグッとこないし、上記のページに書いてあるように、質問は身近でパーソナルなほうが受け取りやすいと思いました。私には地球規模の話題より、認知症介護のほうが重いもの!

て話を友人にしたら、「家が片付かない、どうしたらいいでしょう → 片付けましょう、とかになる」って言うんで、「もっとkwsk!ってしつこく聞くのよ!!」って言いました(笑) ええ、いいんです。パーソナルな問題で、人から見たらささいな悩みでも、高次元の存在は発言小町みたいにディスったり裁いたりしませんし・・・。

※この友人は、あとからちゃんと高度なひらめきを得ていましたw

FullSizeRender

画像のメモは、何かの質問をしていたときに、ふいに「5次元と3次元はシークエンスがちがう」というメッセージが飛び込んできたときのもの。「シークエンスってなんやねん」と、ググったりしています。(ググるのも、チャネリングのひとつと捉えて良いと思います。質問して必要な情報を引き寄せるという同じベクトルなんで)

そう。たまに、というか私の場合大いに、英語とかIT用語とか意味がわからないワードやセンテンスが来ることが多く、そのたびにググり、2重にお勉強?させてもらってます。Wikipediaとか、それこそkwsk教えてくれますしね・・・。高次元の情報ってものすごい量を圧縮したものがポン、と来るんで、用語の解説くらいならインターネッツに強い私はWikiの解説を斜め読みしたほうが早い。というか、「シークエンス」自体が圧縮された言語みたいなのよね。日本語に直すと長い長い。

この5次元と3次元の見え方については、そうだ、「あなたはいま3次元的にしかシークエンスを捉えてないんじゃない?(もっと俯瞰して見て?)」って意味で挿入してきた知識だと思います。こうやってぶっこまれると、「ためされてるわ~~!」と燃える(笑)

な、感じで楽しんでやってみてください!

 

アルクトゥルスクォンタムヒーリングについての詳細はこちらをご覧ください

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中