Blog

愛なんだ

V6では、岡田准一くんのファンですが、さいきん、三宅健くんが気になります。あの年齢であのかわいさ。いつまでも見ていたくなる「愛され顔」ですね~彼は。

lgf01b201405022200

ところでさいきん、「完全菜食(ヴィーガン)」の域に入りまして、人付き合いとの折り合いを考えている最中。自分ちでやるなら良いのだが。同居の母も私に食事内容は一任していますし(介護されるようになってからも、台所はなかなか離れたがらなかったのですが認知症だけに、そんなことも忘れてしまった💦)、家では何の問題もない。問題は、外だ。

親しい友人は、私が何やろうと、どう変わろうと、愛をもって放置してくれるんです。そこは「友人」か「友人でないか」の分水嶺。愛ある関係は、尊重があります。私も人に自分の信条押し付けたりしないしね・・・。

だってさ、案外いますやん、「マクロビって老けるらしいよ」とか、自分の信条を通すのに、人の信条を否定してくる向き。こっちはべつに何にも言ってないだろ!と。

それが出てくるのが面倒で、「つきあいのときは人に合わせる」ルールだったんです。(ヴィーガンになる前も、食べないものはありました)

だけどもうそれ嫌だ。好きにさせてくれる人と、好きに食べたい。別に修行とかで食事変えたわけじゃないですから! 身体が要求したから自然にそうなったのです。

てなわけで、
①「こちらの自由を尊重しない人とは一緒に食事しない」
②「好きな人が勧めてくれたもの、作ってくれたものは、感謝していただく」
ということにしようかと。

アレルギーがあるわけじゃないから、「アレルギーなんです」は使えないが、場合によっては深堀りされない方便です。

ほんとの理由は心身及びスピリチュアルなことですが、これも深堀りされるの嫌なんで、「なんで?」と聞かれたら「なんでも」と煙に巻いてしまうのもアリだ。

具体的なことを言い出したら、いやね実はこれ食べると、私、疲れちゃうんですわ・・・って話になりますが、それ好きで食べてる人に不愉快な気持ち抱かせますし。(いちおう空気読む)

ああっ そんなこと考えるのもう嫌だ。好きにしたい。

つまり愛だ。愛なんだ。「自己愛」なんだ! 自分を愛する気持ち。自分の欲求を大事にしたいんだ。愛なんだ!
アルクトゥルスクォンタムヒーリングについての詳細はこちらをご覧ください



無農薬・有機栽培農産物の産直通販【ふるさと21】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中