Blog

自分に祈ればいい①

17日の満月から夏至に向かう時期、
「神に祈りなさい。あなたが神です」というメッセージが何度も聴こえてきまして。

まぁ、理屈では
「私たちはみんな究極の存在で、誰も崇拝する必要はない」とわかっていても
実際には、
腑に落ちてなかった(信じきれていなかった)のだと思います。

だって、
大天使○○とかアセンデッドマスター、
宇宙連合とかのメッセージを読んだり
自分もチャネリングしたりしていましたもの。

ほんとうは誰も崇拝する必要はない、
と、
どこかで言ったり書いたりもしながら。

魂に上下などない・・・と言いながら。

私も参加しています、
K.Angelさんたちが主催している
「Divine Angel Place / Realm of Angels&Light Workers 光の仲間たちのコミュニティ」という
Fbページのグループに向けた動画メッセージです。
2019年6月22日、夏至の日に公開されました。
(動画はYoutubeで一般公開されています)

人間が何かを「崇拝」するようになった経緯から話されています。

ちょっと長い動画だけど、
とても価値があるお話なので、
全部観てみてね。

いまこの時代、
特別な人でなくても高次の存在をチャネリングできるようになり、
ちょっとググればいっぱい出てきます。

私もやってた。クマラとか大天使ミカエルとか。

一番チャネリングしているのは「高次の自分」なんですけど・・・。

うん、そう。
「高次の自分」に聞くこと、
それがつまり「自分を信じること」なんですよね。

「高次の自分」って何かっていうと・・・
「メタ認知」「サテライト視点」で物事を捉えられる領域です。

もし、
どん詰まりになって出口が見えなくなっても
出口が見えている存在(=高次の自分)がいることを信じれば
救われる、ってこと。

自分に祈ればいい。

そこで、アセンデッドマスターだの大天使だの
権威のあるものをラべリングして祈る必要があるか?

じゃあ、なんでそういうことも取り入れていたのかというと、
周りにいたスピ系の人に合わせていたフシがあります。

「“私が”こう感じた」という言い方では通じにくく、
アセンデットマスターと呼ばれる存在を持ち出すほうが話が早いことがあった。

(実際、アセンデットマスターと呼ばれる存在の意識と
自分自身の高次の意識は「一部かぶってる」感じで、
精度・次元・表現力の違いはあれど、間違いではありません。
・・・が、それをチャネラー自身の権威として扱うかどうかって話

感じてたことを率直に言えてなかったというか。

長年プロとしてやってきたヒーラーではなかったので
遠慮もありました。

そしてそういう人たちとはいま疎遠になっています。
K.Angelさんたちの動画でも言われているように、
人間関係の別れが多く起こっている。

でも、私は自分の感覚で良かったのだと確信し、
(感覚が異なる人が間違っているというわけではなく、ただ違う)
私は私の表現の仕方で
感じたことをお伝えしようと思います。

つづく

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中