Blog

明るいほうへ

土地・建物・人えらび

土地とか建物とか人とか。
「住まないほうがいい」「つきあわないほうがいい」って基準は
ある意味人それぞれになるんですが、


自分より暗く感じるところ。


「自分」が基準。


本人がけっこう暗かったら、
ちょっと明るいだけで良い場所になったりします^^


「光 素材」ボケが美しい光のテクスチャ、ライトアップした光の背景、キラキラの光の画像など、高画質&高解像度の画像素材を無料でダウンロード

人づきあいでいうと、
意識して「自分より明るい人に寄って行く」のがいいです。


全方向は無理ですから
(誰だって人の面倒みてますしね)
意識的に明るいほうへ、
明るいほうへ寄って行って丁度いい感じ。

男と女


男性はとくに自分よりも明るい光の女性に惹かれますから
(ぜったいです。自分よりも暗い女性には恋愛感情が湧かないようです)

ご自身が明るいと、
もっと明るい女性を好きになります。

これまで好きだったタイプの相手が「暗く」感じ、
よりブライトな女性に惹かれ始めたら、
覚醒のサインかもしれません。

フリー写真, フリー写真, CC0 写真, 人物(写真), カップル(写真), 恋人, ルーマニア人, シリーズ(396), 二人, 告白, プロポーズ, 愛(ラブ)
ほんとに好きになったら、男性は「下から目線」で来ますよ
まぶしいから。

女性側から言うと、
寄ってくる男性が以前よりも明るく感じたら、
ご自身が輝き出した証拠です^^

社会的地位とかそういう基準は
いまの時期、
固定されたものではないので
「明るさ」でみてくださいね。

私たちは光の粒子でできていますので、
時代によって変化しない基準が「明るさ」なのです。

アルクトゥルスクォンタムヒーリングについての詳細はこちらをご覧ください

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中