Blog

性癖はタブー(禁止事項)の外に

先日、道で転んで頭を顔をしたたか打ってしばらくボーっとしていました。
ショックで(笑)

なんでそんな盛大に転んだのかわからないのですが、
顔が傷だらけで流血、
歯から落ちた(たぶん無意識にメガネが割れるのを避けた)ので、
前歯が折れたかと思うほどの激痛。

上唇がカッパかと思うほど腫れあがり

フリーイラスト, ベクター, EPS, 妖怪, 神話・伝説の生物, 河童(かっぱ)


こりゃ治るのに時間かかるかなぁ・・・と思ったら
パニック起こしながらも無意識にやった応急処置が良かったのか
腫れは3日でひき、
傷は1週間で痕も残らず治りました。

これまで自分を守ってたものは「プライド」

1週間目の昼、
尾羽をくわえた巨大なフェニックスが
天竜川の上空を豪快に横切っていきました。
ビックリしたー!

伊那の空から東に向かっていたので、
怪我をした翌日に遠隔ヒーリングしてくれた東京の友人にお礼を言いました。
(彼女がピンチのときも虫の知らせがあるのですが、
彼女も今回、数日前からあかりちゃんに連絡しないと、と思っていたそうです)

なんでこんなことが起こったのか、
痛みをこらえながらめっちゃ内観して自分のガイドに聞きました。

フリーイラスト, フリーイラスト, CC0 イラスト, ベクター, SVG, 防具, 盾(シールド)

「シールドが割れた」って言ってましたね。
これまで自分を守ってたシールドがもう古くなり機能しなくなったと。

そのシールドって何かっていうと「プライド」だそうです。

そりゃ人間、
プライドがないと身を守れないわけですが、
古い概念に基づいたプライドはいつか壊れるんですね。

防壁の外は?

さて本題ですが、
どういうわけか、
私は人に「性癖」を打ち明けられることがあり、
(まぁヒーリングセッションでもいろいろ相談されますからね)

SM趣味の知人の話を聞いていますと
なんでそれが快感につながるのかわからん・・・てなるのです。
一生懸命考えても。

SとMを司る女王様その2

だけど否定はしないし
私にだって快感ポイントはあるしなぁ、
分かち合えないだけで・・・と思考を収めるのですが

そうか、
性癖というのはその人の「タブー」の在り処で

人のこと束縛しちゃいけない、と思ってる人は
縛ることで解放されるし

お上品じゃないといけない、と思ってる人は
卑猥な言葉で燃えるし

【前提】があるんですね。
タブー(禁止事項)の。

それが、
無意識下で強ければ強いほど、
解放されたときに燃え上がる。

最初からそこに「タブー」がなければ
快感にはつながらないのです。

解放ポイントを見つける

私の場合はべつに痛みや熱さを感じたり
ムチでしばいたりするところにタブーはなく
自分の気持ちを素直に言うことに「てらい」がありました。

真っすぐに気持ちを向けられると怖くなって逃げてしまうことも。

本心と逆のこと言ってるときもある(笑)

いつもじゃないのですが、
若干の「かっこつけ」ですね。

これはSM趣味の知人からの伝授なのですが、
はじめてその性癖を解放しようって相手に「いきなり」は厳禁で、
「今日は〇〇するよ」と
予告して心の準備をしてもらうのが良いそうです。

(優しいS、というか、百戦錬磨のジェントルマンによると)

いままでガチガチに封じ込めてたことをいきなり解放なんて難しいのです。

心の準備ができて、
はじめて“自分から”扉を開ける。

制約を緩める。
檻から出てくる。

強い「快感」を覚えたければ
逆にタブーを強めて、
解放ポイントで一気に爆発、が良いかもしれません。

それはそれでSMの境地かもですが(笑)

アルクトゥルスクォンタムヒーリングについての詳細はこちらをご覧ください




“性癖はタブー(禁止事項)の外に” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中