グループセッション

【緊急開催】アルクトゥルス・グループセッション2020年2月

アルクトゥルス・グループセッションの開催のお知らせです。(遠隔での参加も可)
個人セッションは深く掘り下げて個人的なことを内観していきますが、
グループワークはダイナミックにエネルギーの循環を促せます。
個人セッションをすでに受けられて、
一歩先、社会の一員として
ネクストステージを体験していきたい方にとくにお勧めです。

お茶の時間も用意していますので、
リラックスした仲間づくりの場としてもご活用ください^^

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
【 日時 】

2月8日(土) 13:00~16:00

【 場所 】
東京都世田谷区経堂 サロンスペース(お申し込み後に詳細をお知らせします)
“【緊急開催】アルクトゥルス・グループセッション2020年2月” の続きを読む

個人セッション

東京セッションのお知らせ(2020年2月)

前回、1月の東京セッションの期間は、
師匠のヤンタラ・ジロー氏いわく過去のエネルギーがきていたので
https://00m.in/1GhcY
どなたに対しても過去の整理・クリアリング(浄化)を中心にしたヒーリングセッションにしました。

2月の東京セッションは節分後です。
整理整頓・クリアリングがお済みの方は新しいエネルギーを受け入れていきましょう!

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
【 2020年2月 東京セッション予定 】

■9日(日) 17:00~18:00
■10日(月) 10:00~11:00 / 11:30~12:30 / 14:00~15:00 / 15:30~16:30 / 17:00~18:00

※ノンローカル(遠隔)セッションも同じ時間帯に受け付けています

【 場所 】
JR・東急池上線 蒲田駅近く(お申し込み後に詳細をお知らせします)
“東京セッションのお知らせ(2020年2月)” の続きを読む

個人セッション

東京セッションのお知らせ(2020年1月)

今年の9月から私は長野県伊那市にいるのですが、
月に1~2回は特養にいる母の面会等の用事で東京に行っています。

1月の東京セッション可能日をお知らせしておきますね。
宿泊先のホテルでの対面セッションです。(遠隔も可)

【2020年1月 東京セッション予定】
4日(土) 17001800
5日(日) 10001100 / 11301230 / 14001500 / 15:30~16:30 / 17:00~18:00

※遠隔セッションは、上記の時間帯以外に21:00~22:00も受け付けています。

※場所はJR・東急池上線 蒲田駅近くです

アルクトゥルス・クォンタムヒーリングの詳細はこちらをご覧ください

WS・イベント

白鳥哲監督作品『リーディング』『祈り~サムシンググレートとの対話』鑑賞会とミニ自然療法お茶会

名称未設定 1白鳥哲 監督作品
『リーディング』
『祈り ~サムシンググレートとの対話〜』
11月9日(金)、10日(土)
ベリル星学教室との共同主催で上映会を行います。

会場は7月に『リーディング』の上映会を行いましたサロンスペース、KOWA旗の台です。

サロンスペースならではの、ミニお茶会つき!(もちろんエドガー・ケイシー由来の自然療法に即しています)
ゆったりした環境で、感想をシェアしませんか? “白鳥哲監督作品『リーディング』『祈り~サムシンググレートとの対話』鑑賞会とミニ自然療法お茶会” の続きを読む

Blog

母の子宮に聞いてみた

ある意味、前回のつづき

母をショートステイに預ける日、お迎えを待っている間、ふいに暗い気持ちになり(満月の日だったからか感情があふれ出てきた)、こういうときは自己ヒーリングするべきなんですが、イライラの矛先が母に向くので「ちょっと母にワークしてみよう」と思い立ちまして。一度もやってあげたことのない、ボディメッセージを聞くワークをしてみました。考えたら、このワーク習ったらすぐ母にしてあげたら良かったのに、何故だかいままでしませんでしたね。聖なるタイミングがあったんでしょうか。

頭から胸部腹部、背中までみていったところ、第2チャクラ、子宮のあたりで手がピタッと止まる。

母子宮01うおー。

正直すぎるボディ・・・。

どうも母は、「子宮をもったから、自由が奪われた」と感じていて、「子宮が悲しみをつれてくる」という信念システムをもっていたようです。流産とか子育てとか過去のトラウマの残留物的に、ですけどね。

「男に生まれてたら良かったのに・・・」といまでも思うんですって。

ちなみに私は、「男に生まれてたら良かったのに」とは一度も思ったことがなく、かといって、「あ~女に生まれて良かった!」by ブルゾンちえみ とも感じたことがない。いつも中性的で、性別(というか性差)がぼやっとしてよくわからない。

ただ、「男勝りな部分を手放したい」と思ってました。母一人子一人でしょうがないから請け負った、男の役割をもうしたくない!と。

なんか、ここ、母の子宮の残留エネルギーと関係あるな?!と思い、手放すようにお願いしました。
私「それってわかる感じするけど、あまりにもネガティブじゃね?」
母「そ~やな~・・・」
私「ポジティブに変えようよ」
母「うん」

母は素直です。簡単にリリースしてくれました。(早くこのワークしてあげればよかった・・・)

そしてその後、いつも散歩してる公園の大きな木に「どー思う?」と話しかけたところ、こんなお返事が。
母子宮02

どうやら、無意識に私のせいにしているエネルギー体があったようです。私のことが好きだったから、そうなることあるんだって。

まぁね、あるよね。うん。きっと誰にでも・・・(そこは達観)

大事なのは、そのエネルギーをクリアにし、「場所」をつくること。その場所に、あなたを愛している人の居場所をつくってくださいって。まるごと明け渡しなさいって。

その人はね、母でもあるんだって。人間は多面体で、私を疎ましく思った人も母、でも私を愛しているのも母なのです。

月一度のショートステイに母がお出掛けしたあと、珍しく、いや、はじめて、「母が部屋にいなくて寂しい」と感じました。いままで、「はー、せいせいした!」と思ってたのに・・・。

私を愛している母が部屋からいなくなって寂しい。そんな気持ちです。

アルクトゥルスクォンタムヒーリングについての詳細はこちらをご覧ください