Blog

ヒーリングレポート③ ~‟根本から”改善する~ Part 1

ブログを見て、遠隔セッションを希望してくださった方のセッション事例です。

※クライアントさんの許可をいただき、差し支えない範囲で書いています

先日書いた私のヒーリング事例「子宮のワークは深いのだ」を読み、同じように股関節付近、リンパ節のあたりが痛く、婦人科に心配の種があったので、これは!と思って申し込んだと。
現状としては、婦人科クリニックで診察してもらったら、子宮に複数筋腫があったと。取るほどのものではないので経過観察。卵巣は問題なし。股関節の痛みは、そのクリニックでは腸から来ているのでは?と言われた。まだ腸のほうは診察してもらっていない。出産経験のない独身女性。そろそろ閉経を迎える年代。

お顔が見れるビデオ通話でセッション開始。現在、顎のあたりにニキビがたくさんできて、これも辛いと。顎って、婦人科系のトラブル抱えてるときに出来物とか痒みが出るんですよね・・・私も婦人科系の浄化中に顎が痒くて痒くて仕方ないときありました。

これまで、いろんなセラピーやスピリチュアル系のセッションを受けてきた方なので、「人生全般にも悩んでいて、なんとなく、身体の不調も根深いところから来ている」と感じているが、何をやっても原因にたどり着かない感じがするんです、と。見たくないところへの自分のブロックがすごいのかなぁ・・・と。

わかりました、じゃあ、秘密兵器(ってほどでもないが💦)「根本から改善をお願いします」とアルクトゥルスチームにオーダーしましょう、と提案。

ただし、「根本から」とつけると、文字通り、丁寧に積み重ねたピラミッドの底辺を一旦崩して再構成するわけですから、変容がはげしく、施術後に悪夢みたり身体の一部がひどく痛んだり、好転反応がすさまじかったりしますが、大丈夫?とつけくわえます。いや私もたいへんなことになったことあるんで。親切心です・・・。

クライアント「いいです。もういいかげん、状況を変えたいんです!(切実)」

私「はい、わかりました。なるべく緩やかになるように、チームにお願いしますね。私もフォローしていきます」

施術をパワーアップするために、「アルクトゥルスのベッド」と勝手に呼んでいるメディテーションカラムと曼荼羅のセットを(量子的に)設置し、その上で施術開始。セオリーどおり、全身のフルボディスキャンから我がチームにオーダー。チャクラ、セントラルライトカラム、エネルギーの管、ぜんぶ詰まり気味で不活発。古いエネルギーだけで回している状態。

子宮をみていく前に、詰まりを改善して、新しいエネルギーを入れるのが先だな、と感じたので、徹底的にクレンジング。やりがいがあったのか、アルクトゥルスチーム、デッキブラシ持ってゴシゴシこすってるイメージを見せてくれました・・・(ヒーリングの「難易度」を示すのに、私やクライアントにわかるようにイメージを見せてくれる場合があります。カチカチに固まった箇所があった方には、デッキブラシどころか「ツルハシ」持ってカンカンやってることありました💦 ツ、ツルハシ・・・)

でもデッキブラシでゴシゴシ掃除しながら、楽しそうに鼻歌歌ってましたので、ご本人が思うほど深刻ではない。いろんなセラピー受けてきたことで、それなりにクリアになっている状態だと感じました。

クレンジングしていくうちに、お顔がみるみる輝いてきて、「え、私、こんなにエネルギーあったんだ!」ってびっくりされてました。いえいえまだまだ。子宮と卵巣ふたつにあるグラウンディングコードをしっかり地球の中心のクリスタルにつなげれば、もっと大きなエネルギーをもらえますので・・・と、グラウンディングを強化するエクササイズ。そして、クラウンチャクラから、ユニバースのエネルギーを摂り入れるエクササイズ。そしてふたつのエネルギーを混ぜ、全身に行きわたらせるエクササイズ。

エネルギーを通す管や柱は、自分で「意図」すれば太くしたり強化できますし、エネルギーの流れも「意図」すれば思った通りに行きわたるんですよ、と解説。自分の身体は本来、自分でオーダー調整できるのだ。それを覚える(思い出す)プロセスに私たちはいます。

あ、ちなみにアルクトゥルス人は、我々の波動とちがう領域で身体を持っているのですが、青緑っぽい色で背丈とかバラバラですね。で、性別がなく、中性。でも子どものアルクトゥルス人もいるみたいなので、結婚して子どもつくったりはするようです。私はハッキリ見えず、ちょっと彼らのシステムまだよくつかめてない💦 今度ヤンタラ師匠に聞きます・・・。

さてさて。このあと問題の「根本」にたどり着いたのかというと・・・。

Part 2に続きます

 

アルクトゥルスクォンタムヒーリングについての詳細はこちらをご覧ください

Blog

子宮のワークは深いのだ

左の股関節が硬い。
硬いっていうか、痛い。週に2~3日、近所のフィットネスクラブでヨガのレッスンを受けているのですが、もう2年前くらいから?痛い。

股関節だから股関節ストレッチって思うじゃないですか。だからヨガをやってるのに、一向に良くならんわけです。ボルテージは下がってきたんですが・・・。

もう、痛みがトモダチみたいになっちゃって、気にもしなくなった頃、アルクトゥルスクォンタムヒーリングのフォローアップ講座で受け手になったとき、「左のここ・・・(鼠径部あたり)卵巣からきてるよ」と言われ、ドキーーーッ!

まぁ更年期なんでいろいろあるさ、と思ってたんだけど、先月、生理痛がめっちゃひどかったのが気になってて、婦人科系の検診受けとくかなぁ・・・と思ってたところだったのでした。

実はその施術では、ヒーラー2人に受け手1人の「三角ヒーリング」だったんですが、ヒーラー2人とも「うん、卵巣だねー」と声合わせて言ったんでドキドキーーー!!

「検査受けたほうがいいかな・・・?(ドキドキ)」と聞いたら「うーん。身体のことだから、受けとくのもいいかもね」と。その口ぶりから、たいそうなことではないな、と思い、とりあえず目先の仕事や介護などをこなして、嫌なこと先送りする毎日・・・。

あ、いや、ぶっちゃけ言うと、そのときの施術で股関節の痛みはとれたのだ。

さすがアルクトゥルス、素晴らしいな・・・と思ってたら、夏至の瞑想会以降、また痛む。つうか、激痛になってきた!(ヨガのレッスンで、バランスのポーズが左軸足のときにぜんぜんできなかった) 夏至のパワー受けて、私だけ悪夢もみずに爆睡して調子いいと思ったらやっぱきた!

きゃあやばい、助けて~~!と、その翌日、非公式フォローアップ(セッションしあいっこする)仲間のMさんに「股関節の痛み再発。前から内臓下垂が気になってる。卵巣、下垂、股関節でぐぐったらオステオパシーとか出てきた。それとも先に病院に行くべき? 何をすればよい?」と、超ピンポイントなことを聞いて、フルボディスキャン※から始めてもらう。

※アルクトゥルスチームに、文字通り身体をスキャンしてもらい。注意すべき箇所が見つかったら教えてもらう。施術で最初にやることです。

Mさん「うーん、スキャンを上に行ったり下に行ったり・・・。オステオパシーというアイデアは出てこないなぁ・・・」

オステオパシーじゃないのか。

なんか、緊急性があって、病院行ってくれ!って感じでもなさそう・・・。卵巣は卵巣だろうけど、「いま」フォーカスするところはそこじゃない・・・?

セルフヒーリングで、自分のアルクトゥルスチームに聞いても、緊急性はないんだよねぇ。

Mさん「排毒が上手くいってないって」
私「え、排毒? カッサで毎晩マッサージしたりしてるけど・・・」
Mさん「うん、それはいいけど、一度プロにしっかり毒出ししてもらって、その後のキープにカッサ続けるとかで良いみたい」

はぁ、なるほど。カッサはもう3か月くらいやってるんですが、自力だとむくみは完全にはなくならないのよねぇ。排毒を邪魔するセルライト、やっかい!

リンパドレナージュが良いそうよ、と言われ、了解!と。

で、ここまではアルクトゥルス通常営業、って感じなのですが、このあと、子宮の中にいるインナーチャイルドにアクセスしてくれて、「私本人のものじゃなく、お母さんからもらったおもちゃ箱」イメージのものが見つかる。

やけに高級な、使用感のないきれいなおもちゃで、お母さんがくれたから、子どもの頃の私は「愛情もらった」と思って大事にしてたんだけど、私の使いたいおもちゃじゃないし、なんとなく捨てずに置いていた・・・という感じのもの。

それがなくなってしまったら、自分のおもちゃがひとつもなくなる感じがして、手放せなかったイメージのもの。

Mさん「女性性、かなー。お母さんも、自分のお母さんから受け継いだとかで、自分と関係ないけど、持ち続けていたものかも・・・」

あー、親の家を片付けたら、先祖代々、なんとなく捨てられずにいたものが出てきた、はてどうしよう・・・みたいな?

Mさん「どうする? これさー、あかりさんの許可がないと捨てれないよ」
私「え?いいよ、捨てる捨てる。私にとって完璧に関係ないものだよそれ💦」

私に関係ないものなのに、やけにそのおもちゃ箱は大きかったんですって。で、捨てるよ?ってチビあかりちゃんに言ったら、えーん!おもちゃなくなっちゃう~!って泣いたけど、すぐ立ち直って、お花で遊びはじめたって・・・。

よ、よかったなチビあかりちゃん・・・。

Mさんのアルクトゥルスチームいわく、やけにでっかい箱が陣取ってたスペースは空いたけど、いますぐ何かを入れなくていいって。自由空間、できました!

私の受け取った感覚では、このスペース、これから一緒に人生を歩むパートナーと遊ぶ心の空間(ゆとり)ですね。
わけのわからん箱があったら、その空間が狭くなって、楽しめなかったかもしれません。というか、カルマがある状態での結びつきとは、そういった、狭くなった空間での小競り合いかも・・・。←あ、なんか深いこと言った! そうだインナーチャイルドがもがくってそんな感じだ!

子宮、卵巣、女性性のワークは奥が深い! って、このあいだからずっといろんなヒーリング仲間と女性性のことばっかりやっているので、いまの時期、必要なのでしょうね。

また、こういった「私本人が何かわからず放置しているもの」は、セルフでなく人にヒーリングしてもらわないと発見できないようです。そりゃそうだね。本人が「許可」して置いてしまっているんだから。これなぁに?って他人に言われないと、意識に上らないものってありますよ。💦
でも取り去ったら確実に変容が起こるのですよ。取り去らない人生と同時に体験はできないけれど。

今日さっそくリンパドレナージュとあかすりと岩盤浴のコンボで排毒祭りしてきたら、元気度測定器で高評価が出ました。元気元気。股関節も痛くない。でも、マッサージの最中に、仙骨とお腹の大腰筋付近が痛かったので、要チェックです。

 

アルクトゥルスクォンタムヒーリングについての詳細はこちらをご覧ください

Blog

ヒーリング・レポート② ~子宮のワーク

※クライアントさんの許可をいただき、差し支えない範囲で書いています

40代、既婚、1児のお母さん。
ここ数年ご主人のモラハラがひどくなり、夫婦関係がうまくいっていない。
離婚を考えている。

(前段階で、別の方からチャネリングセッションを受けている。このまま行くとこういうタイムラインが・・・と示され納得いくところもいかないところもあり。グラウンディングがめちゃくちゃ弱いとも言われたそうです)

クライアント「望まない人生になっている。どうしてこうなっちゃったんだろ・・・」

実は2日にわたってのヒーリングセッションになったのですが、1日目は、クライアントのほうのビジョンに多次元の生(※過去生という概念でなく、同時に起きている生)がたくさん出てきて、ひとつひとつへのヒーリングの途中で、Skypeの音声が通じなくなってしまいました。時間もかかりすぎたので、一旦中止。

私のほうは、まだとっちらかっている状態だから、浄化を徹底的にしないと・・・という感じを受けていました。そして確かに、早急にグラウンディングが必要だが、何かうまく導けない感じ。手法のイメージが受け取れなくて、ちょっと悩む。

あと、古いエネルギーが巣食ってるので、新しいエネルギーを入れたいが、どうも難しいぞ??…と、感じてました。

2日目。アルクトゥルスチームとつながり、セッションがはじまり、クライアントさんが「多次元のしくみがよくわかからないんだけど・・・」と話し始める。(前の日に受けたチャネリングセッションが気になっていたようで)

私「思ったことは、あちこちで爆誕(笑)してるんだけど、それを引き寄せるには、エネルギーの量が要るのね。だけど私が思うに・・・」
ふと、自分がアルクトゥルスクォンタムヒーリングの受け手になって体験したことを思い出す。

私「エネルギーの通り道(管)が、存在していないことがあるんですよ。文字通り、〝ない”!」

エネルギーは、善し悪しまるで関係なく、〝通りやすい”ところを通ります。通り道(管)がないところには通りません。私の場合は、幼い頃、自分のなかで決めちゃったことがあり、エネルギーの入る「器」の一部分を意識のなかでほとんど消し去っていました。

消していたのは、「子宮」でした。それで、家族問題が起きていたと感じていたので、もしかして今回のクライアントさんも、子宮に問題がないか?

そういえば、同じようにグラウンディングの弱かったヒーラーさんが、「私の子宮、2つの卵巣とエネルギー上つながっていなくて、個室みたいになってたの。女性は、卵巣と子宮からグラウンディングコードが降りているんだけど、子宮から降りてなくて、卵巣ふたつでがんばってたみたい」と言っていたんで、グラウンディングと子宮、子宮と家族問題は絡みあっている可能性がある。

で、クライアントさんにそのようなことを説明し、自分の「子宮」がどういう状態が感じてもらいました。

クライアント「・・・?! ない!仙骨があって・・・その前が何もない!空洞です!!💦」

卵巣は?と聞くと、片方には明かりが灯ってる。片方は・・・まっくら。

その2つの卵巣と子宮をつなぐ卵管は・・・って、子宮が存在しないのだから、「管」もなかったわけで・・・。

それでは、新しいエネルギーと古いエネルギーを入れ替えたくても、「場所」がないんだから、どん詰まりになったわけだー!

アルクトゥルスチームが完璧にサポートしている中で、クライアントさんは「空洞」に子宮をイメージのなかで作っていきました。質量を感じるまで。

私「ではその子宮の中の空気感・・・波動はどんな感じですか?」
クライアント「・・・つめたい・・・」

そこで、2つの卵巣と子宮(それらは卵管でちゃんとつながっている)から太いグラウンディングコードを伸ばし、地球の中心のクリスタルにまで届くようにアルクトゥルスチームにお願いしました。

冷たい空気も、そのなかで感じるネガティブなものも、多次元の生で感じた痛みも、ぜんぶグラウンディングコードから地球に吸い取ってもらい・・・

私「地球のクリスタルによって再構成されたそれらのエネルギーを、今度はコードから吸い上げてください。エネルギーの質が変わって戻ってきます」

グラウンディングコードから地球のエネルギーを吸い上げ、セントラルライトカラムを通って、そこから全身に枝のように伸びているエネルギーの管を通り、手足末端までいきわたるように、呼吸を使ってワーク。(ここはハトホルのエクササイズ)

それをしばらく繰り返したでしょうか。さらに、クラウンチャクラから宇宙のエネルギーを吸い込み、地球のエネルギーと胸のあたりで混ぜ混ぜするワークをしました。(ここもハトホルのエクササイズ)

それで、「なかった」子宮が蘇り、最後はバイブレーションを感じるほどに。生命力ですかね。子宮のなかのエネルギーも入れ替わってしまった。

この方のヒーリングはまだ定期的に行っていきますので、変容の真っ最中。
とりあえず、見違えるほど明るさを取り戻しました。望む人生の「現実化」はこれから。

いま直面している課題、夫婦関係、どういうタイムラインを作り、選んでいくか、ご本人しか決められないことで・・・我がアルクトゥルスチームは、まずご本人が地球と、ユニバースと、高次の自分としっかりつながって多くのエネルギーを受けられる体制をつくることから始めてくれました。

なのでまだまだ変容の旅は続くのです。レポートできたらまた書きますね。

アルクトゥルスクォンタムヒーリングについての詳細はこちらをご覧ください

Blog

ヒーリング・レポート① ~下部のチャクラの滞り

アルクトゥルスクォンタムヒーリングの感想をいただきました!

☆☆☆☆☆☆☆☆
2017年5月8日
先日、あかりさんによる「アルクトゥルスクォンタムヒーリング」を受けました。 以前、アルクトゥルスのお話を聞き、一瞬?となりましたが、かなり親近感を覚えたことも事実でした。なぜ懐かしさのようなものを感じたのか…が、自分でも不思議なのですが…。

今回は、以前からずっとひきずっている顔のアトピー症状について。単なる皮膚炎ではないことは理解しつつ、心の問題をどうやって解決したらよいのかもわからず…の状態でした。 そこでアルクトゥルスのヒーリングで何かきっかけにならないか…との思いでお願いしましたところ、全身のチャクラの活性化がよいのではないかと。 そこで、Skypeでのセッション開始。 あかりさんがアルクトゥルスにつながることからはじまり、私は…PCの前でゆっくりくつろいで座っているだけ…でした。半ば瞑想状態?

やがて、ふと身体全体がポカポカとあったかくなって、それこそ温泉にほっこり入っているような感覚でした。それがずっと続いていた…という感じでしょうか。
その間、何度か質問もさせていただきながら、おだやかな時間が過ぎていきました。
「もうヒーリングが終わりましたので、大丈夫です。後は少し様子を見てくださいね」という言葉と共に終了。1時間半くらいでしょうか。

直後はあまり大きな変化を感じませんでしたが、なんと三日後に数か月ぶりの生理が訪れたことには驚きました。第一、第二チャクラあたりが活性化されたからでは…とのこと。 浄化が必要…というメッセージもいただいていたので、まさにその通り。

その後、アトピーの症状も好転反応なのか、活性化された分かゆみも多くなりましたが、肝心の心の問題も実は明確になり、いよいよ自分自身の根源と向き合う時が訪れたのかな…という状態です。

またタイミングをみて、お願いしたいと思います。 ありがとうございました。(50代女性・匿名)
☆☆☆☆☆☆☆☆

この方はアルクトゥルスのフルボディスキャンの結果、
チャクラの上のほうが活性化されているが下のほうが滞っている状態でしたので、
全体のチャクラをクレンジングし、
各チャクラをつないでいる中央の柱~セントラルライトカラム~とエネルギーの管(身体の隅々までエネルギーを運ぶ管)のつまりを取っていくことに重きをおきました。

私が受け取ったメッセージは
「(目で見えるところの)肉体だけでがんばってる状態」で、
上のほうのチャクラが開いているのに高次のエネルギーを肉体に行き届かせることができていないから、
慢性的にエネルギー不足に陥ってる・・・・という感じ。

エネルギーの巡りが悪くなることから浄化を担う内臓(腎臓、肝臓、腸、あと女性でしたら子宮)などが上手く働けなくなり、最終手段で皮膚が請け負ってしまっている。(皮膚も浄化を担う内臓の一種ですが、皮膚に症状が出るのは内臓がいっぱいいっぱいになってしまった結果です)

会社でいえば、次々と社員が倒れ、なんとか頑張れる人が経理も事務も営業もやろうとしてダウン・・・社長、なんとかしてくださいっ!・・・という状況ですかね。

それでエネルギーの巡りを改善するのにチャクラ、中央の柱、エネルギーの管をきれいにしましたが、さらに「エーテル体の神経系システムの再構成」をしました。

エーテル体というのは何かというと、(目に見えている)肉体の外側にあるもう一枚の薄い皮膚のようなもの。

ライトボディ(肉体の外にある身体)と肉体をつなぐスーツ。

ここを整えると、高次のエネルギーが入ってくる〝道筋”ができる。

そして肉体が「受け取って流す準備」を整えたところに入ってくる。
(肉体が受け取る準備として、オーラフィールドに残っているサイキックな思念や、エネルギーの寄生虫も除去しました。まず一にも二にも大掃除ですね)

あとは右脳、左脳のクレンジング、
身体の毒素をアルクトゥルスの周波数で中性にしてもらい、内臓をきれいにしてもらいました。

その結果が、「数か月ぶりの生理」でしょうかね。
若い頃のような元気な生理がきっちりきたそうなんで、子宮が浄化を担ってくれたのでしょう。

この方には引き続きアフターヒーリングを兼ねて経過報告を受けていまして、生理がきたら、無自覚だった心の傷が出てきたそうです。
(私が感じたこととして「んー、言いたいことを言ってない感じ?」と聞いたのですが、「??」という反応で、おや?と思っていたら、ヒーリング後にポロポロそういったことが顕になってきました。ご自身で気付くことが肝心なので、そういうときは深掘りしません)

心の傷も身体に作用しますが、エネルギーを受け取って流すのは身体なんで、身体がうまく機能していないと「頭でっかち」になる印象です。

また、この方は施術中、なぜか「水が流れる音が聞こえる・・・」と言っていました。あかりさんのほうから流れてくる?と。

気のせいかと思ったけど、2度目のセッションでも同じ音が聞こえたそうです。
エネルギーを「流す」意図をしっかり持って施術してるからかな。
ちなみに、私が通っている整体では、いつもトイレ行ってからしてもらうのに、毎回30分くらいでトイレに行きたくなります💦 どこの整体でもそうなるかって、ならないんですよ。

エネルギーを「流す、受け取る」意図で、今回のクライアントさんには、施術後、グラウンディングの方法をお伝えして、しっかり地球と宇宙をつなげることを日常で意識してもらっています。

アルクトゥルスクォンタムヒーリングについての詳細はこちらをご覧ください